子供の頃にはわきがの臭いなんて気にならなかったのに、大人になってからある日突然ニオイが気になるようになってしまったという人は少なくありません。わきがは汗の臭いが原因ですが、汗は食生活や生活習慣によって内容成分などは微妙に異なるので、ライフスタイルによって体臭が強く臭いやすいなどの変化はあるかもしれません。しかし、子供の頃にはわきがではなかった人が、大人になってある日突然わきがになってしまうという事はありません。

 

それは、わきがは体質的な部分に原因があり、ニオイを引き起こしている体質は、生まれてから変わることはないから。例えば、私たちがかく汗にはエクリン腺から分泌される99%水分の汗もあれば、皮脂やたんぱく質を含んでいるアポクリン腺からの汗もあります。わきがの場合には、アポクリン腺が多いという原因で臭いやすい体質になってしまうわけです。大人になrてアポクリン腺がどんどん増えるという事はありませんし、突然活動が活性化するという事もありません。

 

もし突然、自分がわきがになったような自覚症状が出た場合には、どんなことが考えられるのでしょうか?まず、ニオイに敏感になったことが考えられます。それまでは汗をかくような生活はしていなかったのに、エクササイズに目覚めて汗をかく機会が増えると、自分の汗に対して敏感になるもの。それが、もしかしたら臭いと感じる原因なのかもしれません。

 

また、女性の場合には永久脱毛などをすることによってムダ毛がなくなり、汗腺から分泌される汗がムダ毛に吸収されずそのまま肌の表面に出てきてしまうという事も考えられます。汗の量が増えれば臭いやすくなりますが、この場合にはわきがの臭いではなく、ただ汗臭いというだけということが多いようです。

 

食べ物によっても体臭の強さは変わります。刺激物や脂っこいもの、甘いものはできるだけ控えた食生活へと改善することも、わきが予防につながります。ジュースの代わりに緑茶を飲んだりするだけでも大きな改善効果が期待できますよ。

 

アマゾンのお得な人気売れ筋わきが対策商品を見る!

 

体臭&わきが対策商品 当サイト人気ランキングを見る!