わきがは、病院で手術すれば半永久的にサヨナラすることも十分に可能です。わきが手術にはいくつかの施術方法があり、健康保険が適用されるものもあれば適用されないものもあります。また、施術方法によっては傷跡が大きく残ってしまうものもありますし、まったく傷跡が残らないものもあります。

 

まず、健康保険が適用される手術法は、脇の下をメスで切開し、ニオイの原因となるアポクリン腺を医師が目視で切除していくという術式です。この方法では、アポクリン腺を医師が一つずつ確認しながら切除していくので、確実な効果が期待できる反面、医師の技術力によっては完全にニオイを取り除くことができないケースなどもあります。かかる費用は健康保険が適用される術式なので、数万円程度となっています。両脇を大きく切開するので、術後数日間はダウンタイムなどが発生します。

 

美容外科などでは、脇の下に傷を残したくない人のための施術法もラインナップされています。例えば、超音波を使ったレーザー手術。肌の表面から超音波を照射することによって、ニオイを作り出しているアポクリン腺を破壊するという術式で、メスによる切開は一切ないのでダウンタイムなどもありません。

 

ふらりと来院してサッと手術を受けて帰宅できるので、仕事が忙しくて休めないけれどわきがを何とかしたいという人にオススメです。どこの病院でも取り扱っているわけではありませんが、美容外科などを探せば取り扱っている確率が高くなります。

 

皮下組織吸引法と言う術式もあります。これは、ダイエット手術などでも良く利用されている脂肪吸引をわきがに応用した施術方法で、脇の下の皮下組織をすべて吸引して取り除いてしまうという術式です。アポクリン腺はもちろん、エクリン腺などすべての組織を吸引して取り除いてしまうため、この術式を受けた後には汗腺がなくなり、汗をかかなくなります。ちなみに、超音波と皮下組織吸引法では健康保険は適用されないため、かかる費用は全額自己負担となります。

 

わきが改善で評判の川崎中央クリニックの詳細はこちら!