わきが予防のための消臭グッズには、いろいろなものがあります。しかしその中でも、外出先にも携帯しやすくて、他人の前でも比較的違和感なく使える消臭剤といえば、やはりスプレータイプの消臭剤ではないでしょうか。汗をかきやすい季節になると、多くの人が制汗スプレーをバッグの中に携帯していますし、公衆トイレなどに行けば、シャツの中に手を入れてシュッとスプレーしている人も少なくありません。

 

わきがの人は汗のにおいが強くなりやすいので、スプレーを使う際にも何点か工夫することによって匂いを抑えることができます。

 

まず、わきがの臭いは肌の表面に残っている汗に含まれている皮脂をエサとして雑菌が増殖することによって臭います。そのため、スプレーでシュッとしても根本的な原因をとりのぞけるというわけではありません。

 

すでに肌の上で大量増殖をしている雑菌たちを、濡れたタオルなどでサッとふき取ってあげるだけでも、大きな消臭効果が期待できます。最近では、殺菌作用を持つウェットティッシュなどもたくさんありますから、そうしたものを持参して、消臭スプレーの前にサッと肌をひと拭きしてあげてください。大きな違いを実感できるはずです。

 

また、わきが用の消臭スプレーは、入っている成分で選ぶようにしましょう。消臭効果や殺菌効果を持つ成分はたくさんあり、制汗スプレーにはそうした成分が配合されています。しかしニオイが強くなりやすいわきがの場合には、消臭作用も殺菌作用も強い成分が配合されている必要があるので、一般的な制汗スプレーではあまり効果が実感できないこともあります。おすすめの成分には、ミョウバン、タンニン、カテキンなどがあります。化学成分が入っているものよりは植物由来成分の成分の方が、肌トラブルを起こしにくいので安心です。

 

市販のものでは満足できない場合には、市販のミョウバンを蒸留水などでといてスプレーするのもおすすめです。大切なのは、優秀な成分を効率的にスプレーすること。こまめな対策で臭いにくい肌作りをしましょう。

 

今人気のわきが用消臭スプレーはこちら!