人間の汗は、エクリン腺という水分の身の汗と、アポクリン腺という皮脂を含んだ汗の2種類があります。このうち、アポクリン腺の働きが活発な人は、かいた汗に皮脂が混じっている割合が多いため、臭いやすくなります。「汗をかいたら体が臭くなるけれど、自分がわきがかどうかわからない」という場合には、まずはセルフチェックをしてみましょう。

 

まず、持っているTシャツやワイシャツの脇の下の部分をチェックしてみてください。何回も着古したシャツでも、わきがを持っていない人の場合には脇の下が黄色く変色してしまうことはありません。あまり着ていないのに脇の下が黄色くなっている場合には、わきがの可能性が考えられます。ちなみに、この黄ばみは、アポクリン腺から分泌された汗に含まれているタンパク質が空気に触れて酸化してしまったものです。

 

耳垢をチェックすることでわきがかどうかを知ることもできます。耳垢が湿っている場合にはわきがの可能性が高く、カサカサに乾燥している場合にはわきがではないケースが多いのですが、これは耳の内側にはアポクリン腺が密集しているから。耳の内側にアポクリン腺が密集している人は脇の下にもアポクリン腺が密集していることが考えられます。

 

他人に指摘されたことがあるかどうかも重要な判断材料となります。運動をしたばかりで汗だくになっている状態で指摘されたのは対象外ですが、特に汗をかいているわけではないのに「汗臭い」と言われたり「お風呂入った?」なんて失礼なことを聞かれた場合には、もしかしたらわきがの臭いかもしえません。自分の臭いは自分自身ではなかなか気づきにくいものですが、他人の臭いは比較的敏感に察知することができます。他人から指摘されたら必ずわきがというわけではありませんが、その可能性はあるといえるでしょう。

 

食生活の嗜好でもわきがになりやすいかどうかを知ることができます。油っぽい食べ物や甘いものが大好きな人は、わきがになりやすいといえます。肉が大好きだったり、チーズなどの乳製品をよく食べる人は、体内に脂質がたっぷり充実していることが多いため、かく汗にも皮脂が混じっていてわきがになりやすくなります。さらに、わきがは遺伝するので、両親のどちらかがわきがだと、自分もわきがの可能性があります。

 

アマゾンのお得な人気売れ筋わきが対策商品を見る!

 

体臭&わきが対策商品 当サイト人気ランキングを見る!