人間は誰でも自分だけの臭いを持っています。それが体臭と呼ばれるもの。体臭のほとんどは、匂いがあっても他人に不快感を与えるようなにおいではないのですが、体臭の中には他人に不快感を与えたり、やたら嫌な臭いがしてしまうこともあります。

 

体臭の原因にはいろいろなものがあります。

 

・加齢臭
アラフォー以上の男性の体臭って特有の臭いがしますよね。それは、老化現象による加齢臭が体臭として臭うから。加齢臭をなくすことはできないので、肌の表面を弱酸性にキープするなどして加齢臭が臭わなくするように心がけることが大切です。

 

・食べ物
玉ねぎやニンニクなど、口臭の原因となるようなものを食べれば、体内に入り込んだその食品は毛穴を通して体臭としてもにおいます。また、食べ物として摂取された脂肪などは、他人に不快感を与えるような大衆の原因にもなります。食べ物が原因の体臭は、一時的なものが多いのですが、慢性的に脂質をたくさん摂取していると、それが自分の体臭として定着してしまうこともあるので気を付けましょう。体臭をなくすためには、こうした食べ物を避けることが必要です。

 

・生活習慣
睡眠不足が続いたり、ストレスを感じたりすると、皮脂分泌が活発になります。毛穴から分泌された皮脂は肌の表面で酸素に触れて酸化され、それが体臭として臭いを発する原因となります。規則正しい生活を心がけるだけでも体臭を減らすことができますし、肌の表面を弱酸性にキープするような石鹸を使ったりすることで、体臭を抑えることも可能です。

 

・ワキガ
独特の悪臭を放ってしまうワキガ。食べ物や生活習慣などが原因で起きる疾病ですが、汗をかくことによってワキガの臭いも強くなってしまいます。手術でワキガを治療することもできるようですが、制汗スプレーなどを使って、腋の下がじめじめしないように気を使うことで臭いを抑えることも可能です。

 

・便秘
便秘が続くと、腸内で作られた毒ガスが体全体に回り、毛穴を通して体臭として臭ってしまうことがあります。このタイプの体臭は、便秘を改善してあげることですぐに解消できるのですが、慢性的な便秘の場合には、体臭も慢性的になってしまうので気を付けなければいけません。

 

アマゾンのお得な人気売れ筋体臭予防改善商品を見る!

 

体臭&わきが対策商品 当サイト人気ランキングを見る!