ヨーロッパでは民間療法として広く活用されているアロマセラピーでは、いろいろな植物原料から抽出したオイルをアロマオイルとして使っています。どんな原料を使うかによってアロマオイルが持つ効能は変わってくるわけですが、その中にはデオドラント効果が高いものもあるので、体臭予防として使うことができます。

 

アロマオイルを体臭対策として使う場合、先ずそのオイルが自分の肌につけてもトラブルを起こさないかどうかをチェックすることから始めましょう。もしも肌につけてアレルギー反応が出てしまうような場合には、肌に直接つけなくてもアロマライトやディフューザーとして部屋全体をアロマオイルの香りにすれば、毛穴から有効成分が体内に入り込むので、効果を実感することができます。

 

体臭対策に有効なアロマオイルのタイプには、いくつかあり、自分の気に入った香りで選んだり、効果で選ぶことができます。例えば、ハーブ系の香りを楽しむことができるクラリセージは、コロンなどにも使われる原料で、オシャレな香りに包まれながら体臭対策ができます。ウッディ系の香水が好きな人にオススメのサイプレスは、肌にとって少し刺激がある成分なので、お風呂の中に垂らしたり、アロマライトにして使うと良いでしょう。甘い香りが好きな人なら、バニラ系の香りが楽しめるゼラニウムやラベンダーがオススメです。体臭を消すとともに香水の代わりに甘い香りを身にまとうことができるはずです。

 

空気清浄作用を持つユーカリは、体臭を予防するとともに部屋の中にこもりがちな臭いを除去したい時にピッタリの香りです。体臭や口臭が気になる人は、普段からユーカリを使ったアロマライトを使えば、部屋に入った時に臭いがこもって不快になることがありませんね。

 

アロマオイルを使って肌に直接塗布する場合には、アロマオイルの精油に無水エタノールを混ぜるだけ、と簡単に作ることができます。ただし、無水エタノールはアルコール臭がするので、気にならない人はそのまますぐに使い始めてOKですが、1種間ぐらい放置しておくとアルコールが飛ぶので、マイルドな香りのみを楽しむことができます。アロマオイルは、明るい所ではなく、暗くて涼しい場所に保管をして、できるだけ早めに使い切るようにしましょう。

 

アマゾンのお得な人気売れ筋アロマオイルを見る!

 

体臭&わきが対策商品 当サイト人気ランキングを見る!