デトランスαは医療先進国のデンマークで開発された商品ですが、肌が敏感な人にとっては副作用が出てしまうリスクがあるので、購入前に理解しておかなければいけません。デトランスαは、敏感肌の人が使うと痒みが出てしまうという口コミが多いのですが、その理由は塩化アルミニウム液という成分が原因です。

 

この成分は、汗が出てくる汗腺を小さく縮小する作用を持っていて、その作用はワキガ治療などで使われることが多いミョウバン成分の3倍以上と言われています。汗が噴き出して臭いが気になったり、汗で肌がべたべたしてしまうのは、汗腺から出てくる汗が原因なわけで、汗腺から汗が出にくい肌環境を作ることができれば、ベタツキもニオイも気にならない、というのがデトランスαのコンセプトですね。汗腺を小さくする作用を持つ塩化アルミニウム液を配合することによって、デトランスα波医薬品レベルの高い作用が期待できるのです。

 

この塩化ナトリウム液は、敏感肌の人が使うと副作用として痒みが出るリスクがありますが、毒性がある成分ではないので、肌が弱い人でなければ安心して使うことができる成分です。開発されたデンマークでも、一般販売されていて、大勢の人がデオドラントとして使っているので、使うことで肌にダメージがあったり負担がかかってしまうというわけではありません。その点は安心ですね。ただし、もしもデトランスαを使ってみて、副作用として肌がかゆくなったりしたら、無理につづけて使おうとせずに直ちに使用を中止しましょう。かゆいのに無理に使い続けても、痒みがなくなることはありません。かゆくなるということは、副作用としてアレルギー症状が出ているということなので、使い続けるとどんどん痒みがひどくなってしまいます。

 

また、デトランスαを使って副作用が出た場合、使用を中止すると自然と症状が治まることが多いのですが、使い続けたりすると症状がどんどん悪化して、自然治癒出来ないことがあります。その場合には、デトランスαを持って医師の診察を受けることをおすすめします。

 

デトランスα公式サイトはこちら!!